2010年02月18日

小沢氏、政策立案機関設置に難色示す(産経新聞)

 民主党の生方幸夫副幹事長ら衆院議員有志は17日、鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長をそれぞれ訪ね、廃止された政策調査会に代わって、法案審査や基本政策、政権公約(マニフェスト)などを検討する政策立案機関「政策研究所」を党に設けるよう要望した。政策研究所設立までの間、政調の復活も求めた。

 小沢氏は政調や政策立案機関設置について、「役人の言うことの追認になるのでよくない」と難色を示し、与党議員が出席できる各省政策会議の議論の活性化などの運用改善を図る考えを示した。

【関連記事】
首相らに不満 確定申告「納税ばかばかしい」
「小沢氏は国民に説明することで責任を果たす」鳩山首相
首相「私は投げ出さない」 石井氏が講演で明らかに
民主党に自浄作用なし!?石川シッポ切りの次は裏金疑惑
小沢氏、恐怖の“大粛清計画”特捜解体 反小沢派は徹底冷遇

<平山郁夫さん>800人が参列、お別れの会 広島・生口島(毎日新聞)
<石川衆院議員>離党「大変無念」落胆隠せず…帯広で会見(毎日新聞)
バンクーバー五輪 「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)
税制改革議論の3月開始には慎重 官房長官「タイミングは微妙」(産経新聞)
<大阪府医師会長>民主支持の元副会長、伯井俊明氏が初当選(毎日新聞)
posted by マツタニ ヒロシ at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

消費税、方向性提示に慎重=論議は容認−枝野行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は15日、菅直人副総理兼財務相が消費税引き上げの議論を3月から始める方針を表明したことについて「方向性が出てしまえば、税収が入るから大丈夫だとなりかねない。方向性を出していくのは、次の(衆院)選挙の時期をにらみながら考えていくことだ」と述べ、歳出削減努力を緩めないために、税率や引き上げ時期などのめどを早期に打ち出すことには慎重な姿勢を示した。
 ただ、「ここ1、2年は、いろんな議論はきちんとした方がいい」とも述べ、議論自体は容認する考えを示した。内閣府で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑(産経新聞)
参院過半数で社民の心理的影響を注視−自民・大島幹事長(産経新聞)
枝野行政刷新相が就任=首相「小沢氏も異論なし」(時事通信)
「のど治らず麻薬」詩音被告、入手先言えない(読売新聞)
核軍縮で共同宣言へ=「非保有国には使用禁止」−日豪(時事通信)
posted by マツタニ ヒロシ at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

<毎日映画コンクール>表彰式に1200人(毎日新聞)

posted by マツタニ ヒロシ at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。