2010年03月03日

<掘り出しニュース>興福寺“ナマ阿修羅”見られます 国宝館、改装終了(毎日新聞)

 【奈良】阿修羅(あしゅら)立像(国宝)などを安置する興福寺国宝館(奈良市登大路町)が1日、リニューアルオープンする。阿修羅を含む八部衆像や十大弟子像(いずれも国宝)がケースに入れられずに展示され、以前とは違った雰囲気で拝観できる=写真、貝塚太一撮影。28日に報道陣や美術関係者に先行公開された。

【関連記事】「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気

 寺の創建1300年を記念し、1月18日から拝観を停止して改装した。内装を博物館のような雰囲気に変え、銅造仏頭(白鳳時代、国宝)や金剛力士立像(鎌倉時代、国宝)などほとんどの仏像の安置場所や照明も新しくした。国宝12件を含む28件を展示する。

 同寺の多川俊映貫首は「課題だった国宝館での安置の仕方が、理想的になった」と話した。拝観料は大人600円、中高生500円、小学生200円。年中無休。【花澤茂人】

【関連ニュース】
【興福寺】シカも寒そう 雪で屋根が白くなった興福寺の五重塔
【写真特集】興福寺はじめいろいろな寺社を 日本の世界遺産
<ばちあたりはいけません>仏像窃盗:元住職に求刑

レセプト電子化の問題解決「強く訴えていくべき」−日医委員会(医療介護CBニュース)
<訃報>林忠四郎さん89歳=宇宙物理学者、星の進化を研究(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転の男を起訴 危険運転致死罪(毎日新聞)
<衆院予算委>自民、審議拒否続ける(毎日新聞)
【イチから分かる】個所付け 思惑絡む公共事業予算配分(産経新聞)
posted by マツタニ ヒロシ at 04:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。