2010年04月23日

<将棋>羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は21日、岩手県遠野市のあえりあ遠野で2日目の戦いが始まった。

 羽生が先勝したあとの本局は、横歩取り8五飛から激しい流れになった。1日目に使った時間は、羽生が三浦より2時間46分多い(第1局の差は2時間16分)。三浦はある程度まで研究をもとに指し進め、終盤に時間を残そうという方針か。羽生は三浦の得意戦法を受けて立ち、臨機応変に対応しようと考えているようだ。

 晴天に恵まれた朝、三浦、羽生の順に対局室へ入った。立会の島朗九段が封じ手を開け「5三桂成です」と読み上げた。

 羽生が1時間考えて決断した封じ手は、自陣に手を入れずに攻め合い勝ちを目指した強気な一手だった。局面はもはや、はっきり終盤といえる。ここで三浦が長考に入った。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
将棋:三浦の策に羽生長考 名人戦第2局
将棋:名人戦第2局始まる 横歩取りの中でも激しい攻防
将棋:羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局

宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
<将棋>甲斐が女流初タイトル(毎日新聞)
春の高山祭 小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)
posted by マツタニ ヒロシ at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

決起せよ、団塊政治家(産経新聞)

【一筆多論】

 世は新党ブームである。

 昨夏の衆院選に殴り込んで成功した「みんなの党」が刺激となって、失政続きの民主党政権に失望し、自民党に愛想を尽かしている有権者をターゲットに次から次へと名乗りを上げている。きのうは、東京都杉並区の山田宏区長や中田宏前横浜市長らが主導する新党が正式に旗揚げし、自民党執行部への批判を強めている舛添要一前厚労相の新党構想もくすぶっている。

 中でも異彩を放っているのが、「たちあがれ日本」の結党に参加した平沼赳夫氏ら5人の面々である。

 創設メンバー全員が、昭和13年3月生まれの中川義雄氏を筆頭に戦後生まれは一人もいない。「立ち枯れ新党」と、みんなの党の渡辺喜美代表は揶揄(やゆ)しているが、自らが先鞭(せんべん)をつけた「第三極」市場を荒らされないか内心は穏やかでないはずだ。

 新党のキーマンは、幹事長を務める園田博之氏。世間をあっといわせた「自社さ」政権成立の立役者で、参院選後の政局をにらんで水面下の活動を活発化させているが、彼は昭和17年生まれだ。実は17年生まれの政治家は、小泉純一郎元首相を筆頭に大物ぞろいなのである。

 鳩山政権を事実上仕切っている小沢一郎幹事長もそうだし、共産党の市田忠義書記局長も17年生まれ。週刊誌をにぎわすほど元気な中井洽国家公安委員長も同期生である。

 東アジアに目を広げれば、中国の胡錦濤国家主席も北朝鮮の金正日総書記も昭和17(1942)年生まれ。ちなみに大阪生まれの李明博・韓国大統領は、17年ではないが、16年12月生まれである。

 現在の東アジアは、昭和17年生まれの政治家が動かしているといっても過言ではない。

 なぜ昭和17年生まれに有力政治家が多いのか。

 戯(ざ)れ言として見逃してほしいのだが、前年12月8日の日米開戦が東アジア全体にもたらした高揚感と緊迫感、3歳のときに迎えた敗戦の衝撃が大きく作用しているのではないかとひそかににらんでいる。

 むろん、ご本人たちはほとんど記憶にないだろうが、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもの。幼児期の体験がその後の人生を大きく左右するとの説は、大いにうなずける。

 さて、問題は戦後生まれである。団塊の世代が生まれた終戦直後は、物情騒然としていたものの、戦後の日本は紆余(うよ)曲折があったとはいえ、右肩上がりの経済成長がつい最近まで続いた平和で豊かな時代だった。昭和30年代後半生まれの私もそうだが、のほほんと子供時代を過ごした人間は、どうも凄(すご)みというのが出ない。

 鳩山由紀夫首相は昭和22年生まれで、小沢氏とは5つしか違わないが、迫力に雲泥の差があるのは賢明な読者のみなさんならおわかりだろう。「ポスト鳩山」の1番手に昭和ヒトケタの渡部恒三元副議長から“指名”された菅直人財務相(21年生まれ)も近頃(ごろ)、とんと大人しい。

 世代論ですべてを片付けられるほど、政治の世界は単純ではないが、戦中・戦前生まれの元気さが目立つだけに、団塊世代のだらしなさが目立つ。学生運動華やかなりし頃の血気盛んさはどこに消えたのか。「決起せよ、団塊政治家」と後輩からエールを送りたい。(論説委員・乾正人)

【関連記事】
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
「たちあがれ日本」がネットで好評?
舛添氏、東国原知事と会談も“ピリピリムード”で取材拒否
第2の“アサヒる”?天声人語に「与謝野る」登場も何?
たちあがれ日本、いきなり立ち上がれず?党名が竹中氏と…?

小沢幹事長 衆院選マニフェスト見直さず(毎日新聞)
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴−水戸地裁支部(時事通信)
<厚生年金基金汚職>元理事が退職後も月18万円(毎日新聞)
<児童買春容疑>警視庁委嘱の51歳補導員を逮捕(毎日新聞)
<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ〜ならえ(毎日新聞)
posted by マツタニ ヒロシ at 06:26| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ケアマネが介護保険書類を紛失―東京都板橋区(医療介護CBニュース)

 東京都板橋区は4月6日、区内の介護保険事業所のケアマネジャーが、介護サービス利用者5人の個人情報を含む介護保険書類を紛失したと発表した。利用者宅の訪問途中に書類の入ったかばんを紛失したという。

 区によると、ケアマネジャーが紛失したのは介護保険認定申請書、認定調査票など。このケアマネジャーは、4月5日午前にかばんがないことに気付き、昼ごろ、交番に私物の紛失届を提出。夕方になってから、かばんに利用者の個人情報を含む書類が入っていたことに気付き、区に報告した。

 区は既に被害者への事情説明と謝罪を行ったが、被害者の家族にも事情説明と謝罪を行う方針。今後は、区内の各介護保険事業所で個人情報の取り扱いに関する研修を実施するなどして再発防止を図る。


【関連記事】
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ
内田洋行子会社、介護施設入所者ら3万人分の個人情報盗難
国立成育医療センター、349人分の患者情報紛失
医薬系ニュースサイトが不正アクセス被害
介護報酬の審査・支払いの外部委託を危惧−保団連

09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
校庭にミカン苗植えた男、威力業務妨害容疑で逮捕(読売新聞)
中国死刑執行見通しで首相「残念だがいかんともしがたい」 法相は刑事手続きに疑問(産経新聞)
『デス・レース』プリクエル、製作&キャスト決定!
「不当に雇い止め」 埼玉の女性、カシオなどを提訴(産経新聞)
posted by マツタニ ヒロシ at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。