2010年05月27日

焦土の東京、写真にはっきり=最後の大空襲前後―地図センター(時事通信)

 東京最後の大空襲といわれ、約4000人が犠牲となった1945年5月の「山の手空襲」の前後に米軍が空撮した写真を財団法人日本地図センターが米国立公文書館で発見し、入手した。空襲前は密集する家々の屋根が黒く写っていた東京都心部や新宿、渋谷、目黒などの地域が、空襲後は白色に変わっており、焼失の様子がはっきりと分かる。
 同センターによると、米軍は戦時中、日本本土の空襲を実施したり結果を判定したりするために、軍事施設や都市部の空中写真を撮影。同センターは米国の秘密指定が解除された写真について2004年から調査し、今回の写真は昨年見つかった。
 入手したのは、45年5月24〜25日の山の手空襲に備える偵察のため同月17日に空撮された写真や、空襲後の5月28日の写真など。同センターは有償で提供する。 

【関連ニュース】
帰還者の聞き取り資料公開へ=「研究者にも重要」

裁判員裁判、保釈許可75%…公判前整理で上昇(読売新聞)
自民、青木氏長男を公認(産経新聞)
「生活保護受給者に自家用車を」 日弁連意見書に批判、疑問相次ぐ(J-CASTニュース)
塩事業センターなど対象=公益法人仕分けスタート(時事通信)
篠山紀信氏を略式起訴 ヌード写真集の屋外撮影で(産経新聞)
posted by マツタニ ヒロシ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。